【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年01月22日

あなどることのできないパセリ

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

パセリのイメージは、多くの方は料理の付け合わせで食べると苦味があるのでついつい食べずに残してしまうことが多いかと思いますが、それはもったいないことなのです。
ビタミンCは、100g中200mg 野菜・くだものの中でもトップ
鉄分含有量 100g中9.3mg 野菜の中でこれもトップ 鉄分が多いといわれる小松菜の3倍以上
カルシウムも豊富で、ビタミンB1、B2を含む栄養価も高い野菜です。

管理場所としては、明るい日蔭でも育ちます。 日当たりが悪いと間延びし、日に当たりすぎると葉の色は濃くなり固めになってしまいます。
日の当て方を調整することにより、お好みの方さで食すことが可能となります。

5度以上の気温があれば冬越し出来ます。鉢植えの場合は霜のかからない軒下で管理。
ベランダの場合、強い北風の当たる場所は葉が傷みますので避けましょう。

科名:セリ科 
属名:ツバ属
別名:オランダゼリ
原産地:地中海沿岸

2016-01-20 02.33.38-v600.jpg
posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の花々 植物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

紅葉が見られるのはこの時期だけ 紅葉多肉植物

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

紅葉が見られるのはこの時期だけの紅葉多肉植物だけを集めたオリジナル仕様
紅葉と一言にいいましても、全体が赤くなる植物あり・ピンク色になる植物あり・縁だけ赤くなる植物あり、植物により紅葉の仕方は様々、それだけ見ていても楽しくなるものです。
寄せ植え教室などのワークショップにもお勧めアイテム

4月下中頃までの季節限定販売商品で、期間中下記品種のお任せセットとなります。
エケベリア属・・・ビックレッド・シャビアナ・シルバーオンレッド・レズリー・スペクタビリスなど
クラスラ属・・・火祭・紅葉祭・ホービット・姫花月など
セダム属・・・乙女心など
グラプトベリア属・・・デビィーなど
グラプトペタルム属・・・初恋など
カランコエ属・・・不死鳥錦・フェグェイドレイ・ハカラメなど
パナフィツム属・・・東美人など

関連ページへ
紅葉多肉植物

350redleaves2.jpg



posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

昆虫のマツムシが鳴くころに咲く花 まつむしそう/スカビオサ

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

寄せ植えや切り花のアレンジメントなどによく使われ、昆虫のマツムシが鳴く頃に咲く花 まつむしそう/スカビオサ。
花色も豊富で画像のような白も清楚でいい感じ。

管理場所は、日当たりのいい水はけの良い土を好みます。
水遣りは、土が乾いてきたらたっぷりとあげてください。乾燥には比較的強いのですが、過湿には弱いので梅雨以降の蒸れやすい時期は注意が必要。

科名:スイカズラ科
属名:マツムシソウ属(スカビオサ属)
別名:マツムシソウ(松虫草)リンボウギク
原産地:ユーラシア、南アフリカ
開花時期:4月〜6月と9月中旬〜10月ごろが多い
特性:半常緑,開花期が長い,耐寒性が強い

2016-01-11 02.27.49-w600.jpg
posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の花々 植物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする