【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年01月05日

花の香りと癒しの関係 

植物で心豊かな未来創生 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

花の香りにはリラックス効果や鎮静効果があり、例えばオフィスに花や緑を置くだけで労働効率が上がり、ストレス軽減効果がでたり、緑を眺めているだけで眼精疲労の回復を助ける働きをするとも言われています。
研究データをみても花のある部屋と花の無い部屋にいる人の神経活動を比較してみると花のある部屋で過ごす人は、ストレス時に高まる交感神経活動が25%抑えられ、リラックス時に高まる副交感神経の活動が29%高まることも解ってきているようで、花の癒し効果が医学的にも証明されています。
                 
医学的に証明された花の癒し効果.gif
-参考資料:農林水産省-

このようにデータ的にも実証されているように、職場や家庭に切り花や花鉢、観葉植物飾って頂くだけでも効果は期待できるのでしょうが、花の香り/アロマやフラワーセラピーなどのワークショップを継続的にされることによりさらに仕事などで疲れた心身を癒す効果も期待できます。

関連ページへ
花の香りと癒しの関係 農林水産省




posted by フラワーライフデザイナー at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使った福利厚生のヒント 例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする