【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年02月13日

合格祈願にクリスマスローズの花をプレゼント

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

クリスマスローズは萼片(がくへん)が落ちないことから「学が落ちない」ということで合格祈願に受験生に贈られると良い植物

クリスマスローズは大きく分けて「有茎種と無茎種」にわかれます。
有茎種
茎を伸ばしながら葉を広げ、茎の先端に花を咲かせ通常は常緑性です。

無茎種
地際から葉を広げ地上をまっすぐ伸びる茎は持っていなく、花も地際から花茎を伸ばしてその先端につき、常緑性と落葉性があります。

鉢で育てる場合、クリスマスローズの根は下に伸びる性質がありますので、深めの鉢に植え込みます。

管理場所は、
鉢で育てる場合
秋〜春の生育期はよく日の当たる場所に置き、半休眠期は風通しのよい日陰に置くようにすればよいでしょう。

地植えの場合
夏場の直射日光は葉焼けの原因になりますので、半日蔭の場所が適しています。

水遣り
生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、半休眠期はさほど根が水分を要求しないので、土を多湿にしないように気をつけましょう。

科名:キンポウゲ科  
属名:ヘレボラス属
別名:レンテンローズ ヘレボラス
原産地:ヨーロッパ 西アジア
開花時期:12月-4月

2014-01-13 02.25.43-v600.jpg


posted by フラワーライフデザイナー at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする