【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年02月18日

ハーブのタイムを使って花粉症や鼻炎症状緩和

植物の持つ五感 ハーブのタイムを使って花粉症や鼻炎症状緩和 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

ハーブのタイムには強い殺菌効果のあるチモールという成分が含まれていて、古代エジプトではミイラの防腐剤・保存剤として使われ、冷蔵庫の無い時代にタイムを使った料理を作り保存効果を高めていました。

風邪をひいてのどが痛いとき、インフルエンザなどの感染症予防をしたい時には、タイムを入れたハーブティーをうがい薬として使うと効果が期待できます。
また、女性にはちょっと抵抗があるかと思いますが軽い鼻炎や花粉症初期症状の時には、タイムをティッシュに巻きそれを鼻につめることで鼻の通りがよくなります。

タイムの仲間は多く北半球に約300〜400種あり特に有名な品種はコモンタイムで和名タチジャコウソウと呼ばれています。
葉に白い縁取りが入るシルバーポジータイムは鉢植えや花壇にも適してます。
多くの種類の中でハーブとして主に利用されるのはコモンタイム、レモンタイム、クリーピングタイムなどがあります。


科名:シソ科
属名:イブキジャコウソウ属
和名:タチジャコウソウ
原産地:北半球
開花時期:4月-6月

2007-06-05 09.06.09-w600.jpg
2008-05-30 10.57.19-w600.jpg


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする