【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年03月27日

スパイシーなバジルとビタミンCたっぷりのイチゴの組み合わせで健康生活

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

人気の高くビタミンC豊富なイチゴ。一般的な認識では果物とされていますが実は農学的には野菜に分類されているのです。また、外にあるブツブツを「種」だと思われている方も多いかと思いますが、実はイチゴの果実(痩果)で果実だと思われている赤井部分は果実であるブツブツ部分を守るためのクッションの役割を果たしている「花托(かたく)」という部分です。
イチゴはビタミンC以外にもカリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルを含んでいるほか、アントシアニンなどのポリフェノール類も多く含まれており抗酸化や眼精疲労の回復にも効果があるとされています。またイチゴには虫歯を予防するキシリトール成分も含まれていて、歯茎から血が出る歯槽膿漏の予防にはビタミンCが効くとされていますから歯と歯茎、ダブル効果も期待することができます。

一方バジルには心身及び中枢神経の強壮作用があり、体のさまざまな機能を高めてくれる働きがあるといわれています。また鎮静作用も秘めていて、腹痛や吐き気、胃痙攣といった症状を鎮め、イライラをしずめて神経を落ち着かせたり、偏頭痛にも効果があるともいわれています。

これらを併せ持つ二種を組み合わせ、健康生活しましょう。


関連ページへ
画像元リンク

5678.jpg


posted by フラワーライフデザイナー at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーライフデザイナーの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする