【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年08月02日

暑いこの時期にぴったりのスタイリッシュな仕上がりの葉ゲイトウ

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

葉ゲイトウは春に種蒔きし晩秋にはかれてしまう熱帯アジア原産の植物でケイトウは花を観賞するのに対し葉を観賞することから葉ゲイトウと呼ばれています。葉の色は赤や黄、オレンジ、複色等様々で1,5m〜2mくらいまで育つ植物でもあります。
真夏の暑い時期に直射日光にあてることにより葉の色がより強くでる、暑さに強い品種でもありますので、彩りの少ないこの時期にぴったりの植物です。

この時期にぴったりの葉ゲイトウを一つの鉢で赤や黄、オレンジ、複色等観賞でき、高さもコンパクトに特別に仕立てまるで花火が舞っているかのようにスタイリッシュに仕上げた「舞華火」
作り込むにもちょっとした技術が必要な仕様で只今生産者の方に下記仕様で特別に頂けるよう交渉中
作り込むのは難しいのですが、観賞は土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげて、よく日光にあててあげて、時折肥料をあげればOK!

2016-07-30 08.56.08-w600.jpg
▲赤や黄、オレンジ、複色等様々な葉の色をした葉ゲイトウ

2016-07-30 12.37.37-w600.jpg
2016-07-30 12.38.17-w600.jpg
▲葉ゲイトウをまるで花火が舞っているかのようにスタイリッシュな仕上がりにした「舞華火」お部屋のインテリアの一部としてお勧め

科名:ヒユ科
属名:ヒユ属
別名:カマツカ ガンライコウ
原産地:熱帯アジア
鑑賞期:7〜10月
分類:一年草
花言葉:不老不死、高尚、情愛、見栄坊、気取り屋 


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください






posted by フラワーライフデザイナー at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の花々 植物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。