【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年08月28日

実りの秋 各地域で伝わる「三度栗」伝説

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

実りの秋と言われるくらい秋は実物の種類が多くこの時期は実物を使った表現を考えてみましょう。豊富な種類の中で、三度栗は産地や出荷時期が限られなかなか手に入れることができないからこそ使いたい素材。三度栗は通常の栗と違い実が小ぶりで鈴なりに一枝につきます。

静岡県菊川市三沢の三度栗伝説、静岡県周智郡森町 園田の三度栗伝説、高知県高岡郡四万十町 岩本寺の三度栗伝説、新潟県阿賀野市保田 焼栗山孝順寺の三度栗伝説、岡山県真庭市の三度栗伝説など各地域で伝わる伝説があります。

2016-08-24 05.11.12-w600.jpg
▲実りの秋 各地域で伝説伝わる「三度栗」を使ったイベント企画検討

科名:ブナ科 
属名:クリ属
原産地:日本、朝鮮半島


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください






posted by フラワーライフデザイナー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。