【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年10月16日

産地直送の契約農場のシクラメン順調に生育中


産地直送こだわり生産者のシクラメン販売 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

昨日、産地直送の契約農場のシクラメン視察に行ってまいりました。9月の長雨による日照不足が心配でしたが、そこは生産者さんの技術でカバー。現時点では順調に仕上がっているとのことです。
心配なのはここ数年11月の気温が高く調整に苦労していて「今年は気温が高くならないことを祈っています。」とのことです。
後2か月余り楽しみですね。11月中旬よりご予約受付致しますのでこうご期待!!


科名:サクラソウ科
属名:シクラメン属
別名: カガリビバナ・ブタノマンジュウ
原産地:地中海
開花時期:9〜3月
花言葉:遠慮、気後れ、内気、はにかみ

cyclamen600.jpg
▲産地直送の契約農場のシクラメン順調に生育中

syclamen600.jpg
▲こだわりの生産者さんが育てたシクラメンですので、ご覧のように雪が積もっても大丈夫で管理次第では毎年夏頃まで咲き続け、翌年も花を咲かせることも可能です


福利厚生で使われる、企業様、個人営業されている方のお歳暮としてなど使いたいという方はお気軽にご相談ください。
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 産地直送シクラメンの現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

東京シティアイ イベントスペースにて全国都市緑化よこはまフェアのPRイベント



植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

平成29年3月25日(土)から6月4日(日)までの期間横浜市内18区連携で「第33回全国都市緑化よこはまフェア」を開催されます。
第33回全国都市緑化よこはまフェアページへ

その第33回全国都市緑化よこはまフェアのPRイベントで10月17日(月)から23日(日)11:00〜19:00(最終日は17:00まで)東京シティアイ パフォーマンスゾーンでPRイベント開催されます。22日(土)と23日(日)に横浜市担当者依頼により、横浜市内で生産されました切り花を使ったワークショップを行います。23日(日)は私も会場におりますので是非起こしください。

第33回全国都市緑化よこはまフェアPRイベントページへ




posted by フラワーライフデザイナー at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

秋のイベントシーズン到来



植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

10月は各地域で何らかのイベント開催していてます。週末ごとにイベント参加されている方も少なくないかと思います。
フラワーライフ研究会でも横浜市より「第33回全国都市緑化よこはまフェア」が平成29年3月25日(土)から6月4日(日)までの期間横浜市内各地域で様々なイベント開催され、そのPRイベントを平成28年10月17日〜23日に東京シティアイ イベントスペースにて開催予定の為22、23日花を使ったイベント企画検討して欲しいとの依頼が横浜市より急きょ入り只今担当責任者と日程がない中打ち合わせを進めています。

関連ページへ
第33回全国都市緑化よこはまフェア 横浜市ホームページへ


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする