【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年01月29日

身体によく香りもよい梅の花を求めて名所めぐり

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

梅の花が咲き誇る頃になりますと、近くを通るだけで何とも言えない良い香りがしてきて心癒されます。
梅の実には疲労回復などに有効なクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、酒石酸、その他各種有機酸が豊富に含まれていますので身体にも良いですね。
また、梅の実にはクエン酸が含まれていて殺菌・除菌効果に優れていますので、日本では昔からおにぎりやお弁当に梅干を入れる習慣がありますが、これはクエン酸の微生物の繁殖をおさえる効果を狙ったもので、お腹の中に入ると胆汁の働きを活発にし、食中毒の原因となる菌に対する効果も期待することができる優れもの。

科名:バラ科
属名:サクラ属
原産地:中国
開花時期:1月〜3月

せっかくですので、お近で梅の名所めぐりしてみましょう。
関連ページへ
梅の名所めぐりリスト集ページ

2016-01-27 06.28.46-w600.jpg

posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使った福利厚生のヒント 例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433090604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック