【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年03月30日

母の日用フラワーギフト傾向

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

今年の母の日は5月8日(日)です。そろそろ今年は何にしようかなと考え始めている頃かと思います。
今年の母の日用フラワーギフト傾向は、フラワーアレンジメントや鉢物などの器がオシャレな柄が入ったり、絵が施されていたり工夫されていて、壁掛け用にフレームを使ってエレガントなアレンジメント。
鉢物はカーネーションにこだわらず、胡蝶蘭、デンドロビューム、アジサイ、アンスリューム、カラー、バラ、マーガレット、リーガスベゴニア、寄せ鉢などオシャレな仕様にされています。
またここ数年、フラワーギフトとコラボレーションし、スイーツ、グルメなど飲食物やブランド商品との組み合わせも興味深いものがあるようです。
植物だけでなく別商品と組み合わせたセットなどは良いかもしれませんね。

下記に各社、グループの今年の母の日用商材を掲載しているページのリンクを貼りましたので是非ご参考になさってみてください。


関連ページへ
花キューピット
フジテレビフラワーネット
イーフローラ
楽天市場
Amazon
日比谷花壇
青山フラワーマーケット
第一園芸オンラインショップログイン
amifa
セブンイレブン
ローソン電子カタログ
ファミリーマート電子カタログ
スリーエフ
デイリーヤマザキ
イトーヨーカドー
イオン
ダイエー
ディノス
東急百貨店
大丸松坂屋
高島屋


posted by フラワーライフデザイナー at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーライフデザイナーの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック