【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年04月03日

タイツリソウを手元に置いて気負った気持ちを戒めて

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

タイツリソウの花言葉の中に「流れにまかせて」というものがあります。何かをする場合、流れにまかせすぎてもいけませんが、気負い過ぎてもいい結果にはなりません。
そんな時タイツリソウを見て心落ち着かせましょう。

タイツリソウの名前の由来は、一本の花茎にあたかも鯛が釣竿にぶら下がっているかのような光景にその名がついたとされています。また、垂れ下がった花を仏殿の装飾具の華鬘/ケマンに見立てその名がついたようです。

管理は比較的簡単ですので、ガーデニング初心者の方でも育てることができます。
水遣りは土の表面が乾いたらたっぷりとあげましょう。真夏は日中を避け朝夕と一日二回あげましょう。地上部が無くなった後もタイツリソウは生きていますので、完全に乾燥させない程度に水遣りは続けてください。

鉢植えの場合は、一年に一度植え替え作業をおこなってください。植え替えの際は太い根を傷つけないようにしてください。

肥料は植え付け前に土の中に混ぜ入れ、その後花が終わった後の7月頃に固形肥料を追い肥として与えてください。

科名:ケマンソウ科
属名:ディセントラ(コマクサ)属
別名:鯛釣り草(たいつりそう)・フジボタン・ケマンボタン・ヨウラクボタン
原産地:中国・北アジア・北アメリカ原産
開花時期:4月〜5月
花言葉:あなたに従います・失恋・従順・優越・流れにまかせて

2016-03-30 02.00.38-w600.jpg

posted by フラワーライフデザイナー at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の花々 植物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436115957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック