【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年08月22日

草花の切り戻しは8月中に

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

草花の切り戻しは8月中に行いましょう。切り戻しとは伸びすぎた枝や茎を切り取って株を短くし植物の姿を整えることをいいます。
咲き終わった花も養分を使うため、残しておくと新芽や新しい花の成長に良くないのでこの時期に思い切って切り戻しをします。
切り戻しの際の注意点としては、芽の上を切りましょう。

ペチュニアなど先へ先へと花を咲かせる植物は同じ長さで切り戻さずに長短をつけて切り戻すことで中心部から先端までまんべんなく花を咲かせてくれます。

元気のなくなった株を若返らせ、風通しを良くし病気予防をしましょう。


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物の育て方でお悩みの方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

ゴーヤを使っての緑のカーテン作り方

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

先日朝顔を使っての緑のカーテン省エネ活動ご紹介させて頂きましたが、今回はゴーヤを使っての簡単緑のカーテン省エネ活動のご紹介。

ご用意頂くものは、プランター、園芸培土、ネット、ゴーヤ。園芸培土は園芸店さんで販売されている野菜用の培土でも大丈夫です。
プランターとネットにつきましては、最近100円均一でも販売されるようになりましたので、100円均一で購入されても結構です。

準備がすみましたら、プランターにゴーヤを植え、ネットをベランダー上部に固定しプランター上部まで垂らしてプランターに固定したら出来上がり。
ゴーヤが成長してきましたら初めは紐等で簡易的にネットゴーヤを這わしてあげましょう。その後は自然とゴーヤの蔓がネットに絡みついてきます。

科名:ウリ科 
属名:ツルレイシ属
別名:苦瓜・レイシ・ツルレイシ
原産地:インドを中心とする東南アジア

2016-06-14 10.08.53-w600.jpg
▲ゴーヤを使って緑のカーテン省エネ活動

関連ページへ
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物の育て方でお悩みの方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

トロピカルイメージの強いアンスリューム

植物で心豊かな未来創生 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

アンスリュームは寒さに弱い花と言うこともあり、イメージ的にはトロピカルイメージの強い花ですが、冬でも室内の窓越しで管理して頂けますと、一年中次から次へと花を咲かすことができます。
アンスリュームの簡単な管理方法
水遣りは、土の表面が乾いたらたっぷりと上げ、乾いている間は水遣りは控えましょう。
日光(光)不足になりますと花が咲きにくくなりますので、室内では光の当たる窓越しがいいでしょう。
春から夏にかけて成長して花も次から次と咲いてきますので、肥料も上げてください。


科名:サトイモ科
属名:アンスリウム属
別名:ベニウチワ 
原産地:熱帯アメリカ

関連ページへ
アンスリュームの数少ない切り花生産者:大佐和花卉園さんfacebookページへ


2015-12-01 10.39.24-w600.jpg


posted by フラワーライフデザイナー at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物の育て方でお悩みの方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする