【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2017年04月25日

キッチンハーブを身近に置けば料理をいつでもおいしく頂ける



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

ハーブの種類は豊富で種類により効果効能が違ってきます。プランターで育てたり、庭に直接植えたり、身近なところではキッチンにガラスの器や台所用品など利用してキッチンハーブを育てれば、料理にひとつまみ。料理のお味も一味違います。
キッチンハーブとは、料理でよく使う生命力が強く育てやすいハーブのことをいい、ハーブを和訳すると「香草」あまり知られていませんが、和食に使われる「シソ」や「みょうが」もハーブの一種
キッチンハーブの種類は
ミント
バジル
パセリ
ローズマリー
ルッコラ
など
水耕栽培で育てることも可能ですので是非お試しください。

plants543600.jpg
▲キッチンハーブを身近に置けば料理をいつでもおいしく頂ける


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください



花き流通専門家/フラワーライフデザイナー花仕入れ情報、生産地情報、販売のコツ情報、ワークショップ情報、イベント開催情報、新規事業開拓情報、その他情報公開しているサイト。お時間のある際に是非ご覧頂きご参考になさってください。

花の五感「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」を使いフラワーライフデザイナーがイベント企画提案実行
花き流通専門家が代表を務めるフラワーライフ研究会へ
フラワーライフデザイナー/花き流通専門家が仕掛けるイベント企画提案実行事例
フラワーライフ研究会Facebookページへ
フラワーライフデザイナー/花き流通専門家が手掛ける企画提案実行
フラワーライフデザイナー/花き流通専門家が手掛ける企画提案実行ホームページへ
花き流通専門家が花の取り扱い方から花の仕入れ方、販売のコツまで支援
花き流通専門家が花を活かした経営 開業/起業支援 リテールサポートブログへ
花屋開業/開店、新規事業拡大の為に花の仕入れをお考えの方向け
花き流通専門家がいる花の仲卸神南フラワー株式会社ホームページへ
花市場情報、生産知情報、季節の花々入荷情報、その他花情報
花き流通専門家が情報公開しているFacebookページへ
花業界季節情報、季節の花々入荷情報、花き流通専門家が見た花業界情報
花き流通専門家が情報公開しているブログへ

posted by フラワーライフデザイナー at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

昨日は横浜内陸部も薄っすら積雪が 昨今の気象変動で植物管理が難しくなっている



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

昨日は各地域雪が降ったようです。地域によっては積雪となったり、積雪まで至らなかったりのようでした。
同じよう時期に同じような気象状況になっているようにも見えますが、実はここ数年気象変動によって植物の成長に異変が起きています。
昨日も千葉県の枝物生産者と電話で話しをしたのですが、今年の千葉県は日中の温度が高く夜温が急激に下がる為、ひな祭り/桃の節句に向けて花桃の出荷をしていますが、開花調整が難しく苦労しているとのことでした。
13か月かけて丹精込めて作っているシクラメンの生産者もここ数年水遣り、肥料配合及び肥料をあげるタイミングが難しくなっているといっています。
スイートピー生産者も天気次第で最終的な品質に影響がでてしまうので、品質管理が難しいと言っていました。
このように切り花、鉢物生産者が従来と違った管理方法を強いられながら一般消費者の方々により良い品物をお届けしたいとの思いで苦労されています。


image345600.jpg
▲昨日は横浜内陸部も薄っすら積雪が 昨今の気象変動で植物管理が難しくなっている


posted by フラワーライフデザイナー at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

自宅用にも贈り物にも年間人気の高いガーベラをより長く楽しむコツ



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

ガーベラの花は主に温室栽培されていますので、年間を通して花屋さん購入することができ、自宅用としても贈り物としても人気の高い花ですが、あまり長持ちしない花と思われがちなので非常に残念です。
正しく扱うことでより長く楽しめる花です。

ガーベラの茎は柔らかく雑菌に弱く、深い水に入れてしまうと茎が腐って水を吸い上げることができなくなり、数日で枯れてしまう原因となりますので、水は切り口から2〜3cm程度にします。
切り花の水揚げは通常茎の先端を斜めに切るのですが、ガーベラの場合は斜めに切りますと茎が柔らかいので腐りやすくなってしまうので切り口は水平に切るようにしましょう。
茎が腐ってきますと水が濁ってきて、花が水を吸うことができなくなりますので、こまめに水換えをし、その際に茎の先端を数センチ切るようにしましょう。

その他詳細につきましては、下記ページに詳しく掲載されていますので是非ご覧頂きご参考になさってください。
ガーベラを長く楽しむための5つのコツ LOVEGREEN

plants4523600.jpg
▲自宅用にも贈り物にも年間人気の高いガーベラをより長く楽しむコツ

科名:キク科
属名:ガーベラ属
別名:オオセンボンヤリ
原産地:南アフリカ
開花時期:3月〜5月 9月〜11月
花言葉:希望、常に前進、感謝、思いやり

ガーベラの花を使ったワークショップも楽しく、花言葉にもあるように日ごろの感謝の気持ちを込めてイベント会場でサプライズプレゼントされたら来場者の方々がきっと喜ぶことでしょう。
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする