【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2017年01月08日

自宅用にも贈り物にも年間人気の高いガーベラをより長く楽しむコツ



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

ガーベラの花は主に温室栽培されていますので、年間を通して花屋さん購入することができ、自宅用としても贈り物としても人気の高い花ですが、あまり長持ちしない花と思われがちなので非常に残念です。
正しく扱うことでより長く楽しめる花です。

ガーベラの茎は柔らかく雑菌に弱く、深い水に入れてしまうと茎が腐って水を吸い上げることができなくなり、数日で枯れてしまう原因となりますので、水は切り口から2〜3cm程度にします。
切り花の水揚げは通常茎の先端を斜めに切るのですが、ガーベラの場合は斜めに切りますと茎が柔らかいので腐りやすくなってしまうので切り口は水平に切るようにしましょう。
茎が腐ってきますと水が濁ってきて、花が水を吸うことができなくなりますので、こまめに水換えをし、その際に茎の先端を数センチ切るようにしましょう。

その他詳細につきましては、下記ページに詳しく掲載されていますので是非ご覧頂きご参考になさってください。
ガーベラを長く楽しむための5つのコツ LOVEGREEN

plants4523600.jpg
▲自宅用にも贈り物にも年間人気の高いガーベラをより長く楽しむコツ

科名:キク科
属名:ガーベラ属
別名:オオセンボンヤリ
原産地:南アフリカ
開花時期:3月〜5月 9月〜11月
花言葉:希望、常に前進、感謝、思いやり

ガーベラの花を使ったワークショップも楽しく、花言葉にもあるように日ごろの感謝の気持ちを込めてイベント会場でサプライズプレゼントされたら来場者の方々がきっと喜ぶことでしょう。
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

ハーブやシルバーリーフで花粉症・鼻詰まり軽減

植物で心豊かな未来創生 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

秋の花粉症の季節がやってきました。私も先週あたりから花粉症症状が出始めましたので薬を飲み始めました。風邪の時もそうなのですが、鼻詰まりはつらいですよね。そんな時は洗面器にお湯をはり、ローズマリーやユーカリ、セージなどハーブやシルバーリーフを軽く束ねたものを浮かせ、その湯気を鼻から吸ってみてください。数分で鼻の通りが良くなります。辛い鼻詰まりの際はお試しください。

image6.jpg
▲ハーブやシルバーリーフで花粉症・鼻詰まり軽減


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください


posted by フラワーライフデザイナー at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

意外に知られていないどの部分がニガウリ/ゴーヤになるのか

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

どの部分がニガウリ/ゴーヤになるのか以外に知られていないようです。ゴーヤの花は1本のつるに雄花と雌花が別々に咲き雌花に受粉後、花が萎み徐々にニガウリ/ゴーヤの姿になってきます。
日に日に大きくなっていくさまを見ているだけでも癒されますね。
ニガウリ/ゴーヤは着花してから約15〜20日くらいが収穫期となります。完全に熟す前の緑色を収穫してください。
ニガウリ/ゴーヤは栄養素の高い野菜でビタミンCが
・レモンの約2〜4倍!
・トマトの約3〜5倍!
あるといわれていて野菜の中で唯一、加熱に強い特性を持っています。
・ニガウリ/ゴーヤの苦み成分は、
・胃の働きを活発にして消化液を出し、食べ過ぎによる胃もたれなどを緩和する働き
ストレスなどで傷ついた胃粘膜を保護、補修するプロテクト効果を狙う
効果があり胃に良いとされていますが、食べすぎには注意が必要なようです。
何でも食べすぎはいけませんよね。ほどほどに

2016-06-14 10.08.53-1-w600.jpg
▲約1か月前の様子

2016-07-12 11.23.39-w600.jpg
▲1か月後の現在の様子 ニガウリ/ゴーヤは成長が早い

2016-07-12 12.15.28-w600.jpg
▲ニガウリ/ゴーヤの花

2016-07-12 12.15.03-w600.jpg
▲ニガウリ/ゴーヤの花を横から見た様子 わかりにくいかもしれませんがニガウリ/ゴーヤの形をしています

2016-07-12 12.15.46-w600.jpg
▲花が萎むとニガウリ/ゴーヤが大きく成長してきます


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする