【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年06月22日

全国各地で順次開催される朝顔市

植物で心豊かな未来創生 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。



6月も後半となり7月に入りますと全国各地で朝顔市開催されますので、地元の朝顔市開催場所と日時今のうちに確認しておきましょう。

朝顔は奈良時代末期に遣唐使が種を薬として持ち帰ったのが最初とされています。朝顔の種の芽にとなる部分には下剤作用がある成分が含まれているとされています。

画像の朝顔は琉球朝顔で「ノアサガオ」の別名で沖縄県でよく見かけられることから琉球朝顔と呼ばれ、宿根朝顔とも呼ばれています。
通常の朝顔と比べて生命力が強いのも特徴。つるもしっかりと絡みつき大きく育つと10m以上に成長することから緑のカーテンとしても利用されています。

科名:ヒルガオ科 
属名:サツマイモ属
原産地:熱帯アジア、ヒマラヤ山麓
開花時期:7月-9月
花言葉:愛情・平静・愛情の絆・結束・短い愛・明日もさわやかに・はかない恋

2016-06-22 05.17.53-w600.jpg
▲宿根朝顔とも呼ばれている琉球朝顔朝顔

posted by フラワーライフデザイナー at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

ハイビスカスティーで疲労回復心身リフレッシュ



植物で心豊かな未来創生 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

ハイビスカスに含まれているクエン酸は疲労回復効果や夏バテ時の栄養補給の効果が期待でき、ローズヒップと組み合わせることで、ローズヒップの便通を促す効果とハイビスカスの老廃物や余分な水分を排出する効果で、便秘解消に一役買ってくれます。

通常花屋さんや園芸店さんで販売されているハイビスカスと食用ハイビスカスとは育て方が違うものの観賞用のハイビスカスを見ているだけでも癒し効果は期待できますので心身リフレッシュすることが可能となります。

科名:アオイ科 
属名:フヨウ属
別名:ブッソウゲ・仏桑花
原産地:ハワイ諸島、モーリシャス島
開花時期:5月〜10月

2016-05-10 11.12.01-w600.jpg
▲父の日用にお勧め観賞用ハイビスカス

posted by フラワーライフデザイナー at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

夏野菜トマトの効果をより引き出すための食べ合わせ



植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

完熟トマトにはカロテンやビタミン、カリウムが豊富に含まれていることは周知されているところではありますが、特にトマトの赤色色素である「リコピン」
このリコピンには強い抗酸化作用があり、ベータカロテンの2倍もあります。
抗酸化作用により老化やガンの原因となる活性酸素を抑えガン予防に効果を発揮。またトマトに含まれるカリウムは体内の余分なントリウムを排泄し血圧を下げる効果もあります。


トマトの効果をより引き出させる食べ合わせとは
 牛乳、じゃがいも、ブロッコリー、ゴマ
    →老化防止(活性酸素の除去)
 卵、イチゴ、オレンジ、リンゴ
    →疲労回復、肩こり解消
 キャベツ、チンゲンサ菜、唐辛子
    →ガン予防、血行促進
 レモン、パセリ、カリフラワー
    →高血圧の予防と改善

是非お試しあれ

2016-06-02 14.58.17-w600.jpg
▲夏野菜トマトの効果をより引き出すための食べ合わせ

posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする