【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年04月15日

4月18日はガーベラ記念日

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

あまり馴染みがないかと思いますが、実は4月18日はガーベラの日なのです。
2005年に全国ガーベラ生産者交流会にて制定されました。
ガーベラはプチブーケやアレンジメント、花束など幅広く使われている花で、平成25年度データでは、年間出荷量は1億6,580万本
都道府県別の出荷量
静岡県が38%
福岡県が15%
愛知県が10%
和歌山県及び千葉県が8%
となっており、5県で全国約8割を占めます。

ガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」「辛抱強さ」「神秘」
原産地が南アフリカのキク科の植物で、ヨーロッパで品種改良され、日本には明治末に渡来した花です。


2015-12-21 04.59.47-w300.jpg
posted by フラワーライフデザイナー at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

リノレン酸豊富なえごま/エゴマを育てる

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

リノレン酸豊富なえごま/エゴマですが、リノレン酸の効果としては
・美肌効果
・血管を強く、しなやかに若返らせる効果
・認知症予防効果(脳細胞の活性化)
・うつ病改善効果
・歯の健康
・視力回復:エゴマ油に含まれているDHAは目の網膜が使う成分なので補うと効果あり
・ダイエット:エゴマ油は体内で固まらないため脂肪になりにくい
があるようです。

えごま/エゴマの葉の栄養成分としては
カリウム
カルシウム

マグネシウム
ビタミンベータカロチン
ビタミンE
ビタミンC
ポルフェノール
クロロフィル
などがあり、栄養価の高い植物でもあります。韓国料理には欠かすことのできないハーブとなっているようです。
日本ではえごま/エゴマ油として使われることも多いようです。


科名:: シソ科
属名: シソ属
別名:ジュウネン
原産地:東南アジア

2016-04-13 07.11.24-w600.jpg

posted by フラワーライフデザイナー at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

桜の花の効果効能

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

桜の花は散ってしまうのが早い為に量産することができず、化粧品や健康食品として流通させることが難しいのですが、桜の花のエキス効果も期待されています。

・抗糖化作用
・抗炎症作用
・美白効果
・美肌効果
・動脈硬化の予防
・二日酔い防止
・リラックス効果
・抗菌作用
・鎮静作用
・血圧を下げる
・喘息症状の緩和

桜の花は糖化現象抑制効果がある。
※糖化現象とは…食品など鮮度が落ちると色が変わるのは「褐変化現象」といわれるもので、食品中の糖分がタンパク質に反応して生じる現象で、この褐変化現象が人間体内に起こるのが「糖化現象」

桜の花は様々な効果が期待されています。

2016-04-03 13.15.25-w600.jpg

posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物に関する雑学・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする