【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2015年12月17日

花の生産者が作ったお花のドレッシング 花の6次産業

植物で心豊かな未来創生 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

長野県の切り花生産者がカレンジュラの花を使ってお花のドレッシング/エディブルフラワードレッシング開発

カレンジュラの栄養特性は、ビタミンA(βカロテン)の含有量がひときわ高く、同量のパセリやニンジン、ホウレンソウよりも豊富です。またカレンジュラは肌に優しく自然派化粧品としても使用されているもの、収穫した花びらを一輪一輪、手作業で裁断し、“一瓶一瓶”手作業でドレッシングを作っています。大きな食品工場では真似できない手間隙を掛け製造するからこそ、花の美しさをそのままにアメイジングな新食材が生まれます。

余計な味付けや添加物を使用していないお花のドレッシングの塩分量は市販ドレッシングの25〜50%程度の塩分量となっていますので、塩分を気にされる方に朗報です。

関連ページへ
お花のドレッシング/エディブルフラワードレッシング詳細ページへ

edibleflower40.jpg

posted by フラワーライフデザイナー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物の6次産業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする