【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2017年02月25日

母の日フラワーギフト企画検討中



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

母の日用フラワーギフト企画検討中で画像は胡蝶蘭生産者企画の観葉植物との寄せ植えでアクセントに観葉植物はマッチしますね。もうひとひねりするともっとよくなります。
来週はこだわりの花屋さんとクッキー製造所担当責任者とコラボレーション企画商品開発の打ち合わせです。
母の日用花とクッキーのひとひねりされた商品ができることを期待して。



plants321211600.jpg
▲母の日フラワーギフト企画検討中 胡蝶蘭生産者による観葉植物を使った寄せ植え



企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください



posted by フラワーライフデザイナー at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

母の日用カーネーション現状視察&打ち合わせ



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

母の日用カーネーション現状視察&打ち合わせを致しました。現状は順調に生育中。今回母の日が5月8日(日)次回母の日は5月14日(日)と6日遅くなり一般的には6日遅く生産すればよいのでしょう。と思うとことですが、実は全然違って約二週間ずらし、しかもそのことの天候(気温)を考慮して生産しないとベストタイミングにならないとのことです。
植物生産の奥深さを感じた一面でした。工場生産品でしたら、一日どのくらいの数量を作ることができるので、何日前から用意すれば間に合うと計算できますが、植物の場合は計算通りにはなかなかいかないジレンマがあります。
植物とどのくらい会話ができるのか、より会話ができた生産者が高品質な花を作ることができるのです。

plants876600.jpg
▲塩害にも強く春は花、秋は紅葉楽しめるメラレウカ/金香木をクリスマスリース素材にお勧め

科名:ナデシコ科
属名:ナデシコ属
別名:麝香撫子
原産地:地中海沿岸
開花時期:4月〜7月/9月〜10月
花言葉:無垢で深い愛


関連ページへ
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

卒業/卒園・入学/入園用マーガレット現状視察&打ち合わせ



植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

卒業/卒園・入学/入園用マーガレット現状視察&打ち合わせしてまいりました。
現状順調に生育中で、昨年よりも作付け数量を増やしているので遠慮なく注文受付することが出来そうです。
卒業/卒園・入学/入園用のメイン商材としては、まだまだサイネリアですが、サイネリアよりも管理がしやすく花の開花期間が長く一般の方でも比較的簡単に蕾を咲かせることができるので、徐々にサイネリアからマーガレットに切り替える方が増えています。
入学/入園が終わりましたら、学校の花壇やプランターに植え変えて頂くことで、長く開花を楽しむことができますので、メリットが大きい花です。

plants9875600.jpg
▲卒業/卒園・入学/入園用に管理がしやすく花壇やプランターに植え替えることで長く開花を楽しむことができるマーガレット


関連ページへ
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする