【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2016年12月15日

直観力、判断力、決断力、創造性、俯瞰の眼など生け花を通し養う



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

生け花をすることにより、直観力、判断力、決断力、創造性、俯瞰の眼などを養うことが出来ると、経営者の方々に注目されています。

生け花に使われる季節の枝物。この枝物をどの位置にハサミを入れるのか。切る位置によって最終的なバランス(出来栄え)が全く違ったものになります。
枝物は一期一会。同じ枝ぶりのものはありません。手にした枝物をどの位置で切るのが一番良いのか。切る位置を瞬時に判断する。最終的な出来上がりを想像し枝物を配置する、決断力。
生け花は奥深いもので、これでいいということはありません。良いと思った時点で成長は止まります。ビジネスも同じですよね。

また、営業で大切なのが第一印象。好感度を上げる為にメンズメイクをされる経営者の方も増えていますが、多くの場合自己流だと思います。メイクのやり方次第で第一印象も違ってきます。
来年は生け花とメイクをコラボレーションさせたセミナー開催企画提案させて頂きたいと考えておりますので、乞うご期待!!

ご興味のある方はお気軽に下記よりお問い合わせください。


関連ページへ
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

1月新年会会場で新鮮野菜配布企画



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

年明け1月の自治会新年会会場で新鮮野菜配布企画依頼がきています。
自治会役員の方より1月の新年会会場で来場者の方々に新鮮野を配りたいとの依頼を頂き只今野菜の生産者と品種等検討中。


関連ページへ
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

切り花生産地との新たなる取り組み



植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

昨日は静岡県より、スイートピー生産者、JAの方、経済連の方と食事をしながら現在の生育状況や今季の出荷予定の話しをメインに生産者の方とは、新たなる品種へのチャレンジの話し、苦労話し、後継者問題についてなどさせて頂きました。
1月下旬にフェア開催企画もまとまり早速フェアに向けての準備に入ります。

JAの方、経済連の方とは、話しが弾み静岡県の特産品と花とのコラボレーション企画、花育に関しての話しをさせて頂きました。

特産品と花のコラボレーション企画に関しては、ターゲットを含め概略がその場で決まり、地元(静岡県)へ戻り早速関係各所に協力要請するということで話しがまとまり、出来る限り早い段階で実行に移したいと考えています。
花育に関しては私自身が来季地域小学校のPTA会長に内定しているので、4月までに企画書作成しPTAの花育取り組みとして学校側へ承認を求め1学期中に実行に移したいと考えています。その事例を基に行政関連部署とPTA連絡協議会と連携が取れるよう働きかけ花育の輪を広げることも視野に入れた活動も併せて行ってまいりたいと思います。


関連ページへ
企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物を使ったイベント 企画 運営 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする