【植物は五感で楽しむことができる】
花と緑は空気のような存在で、普段はあまり気にもせず、無くなってしまうと心のバランスが崩れ、多くの方々の心が病んでしまいます。
花は五感で楽しむことができます。五感とは「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」のことで
視覚:花を見て楽しむ。
聴覚:大自然の中で耳を澄ませてみてください。様々な植物の音が聞こえてきます。
触覚:植物を触ってみてください。様々な形や硬さ柔らかさを感じ取ることができます。
味覚:エディブルフラワーと言って食べられる花があります。葉ではありますがハーブもその一つです。
嗅覚:アロマとい分野があるくらいで、花の匂いを楽しむことができます。

是非、五感で花を楽しんでください。

植物の五感を使って各団体様/企業様の福利厚生や社員研修、町内会や自治会、商店会のレクレーション、ワークショップ等々ご希望に合わせたプロデュース

企画立案中の案件でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせはこちらより>>

2017年01月09日

障害者施設で作られるバレンタインデー用クッキー



農産物で地産地消、消地域貢献、地域活性化 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

社会貢献活動の一環。就労拡大支援バレンタインデー用クッキー販売。
障害者施設で作られるクッキーで、ご購入頂くことで支援となります。
簡単な文字でしたら印字可能ですので各イベント会場で来場頂いた方へのサプライズプレゼントとしてや結婚式での席次札としてもお勧めです。
詳細は下記より是非ご覧ください。
障害者施設で作られるバレンタインデー用クッキー詳細ページへ


es055600.jpg
▲障害者施設で作られるでクッキーで各イベント会場で来場頂いた方へのサプライズプレゼントとしてや結婚式での席次札として


企画立案中の案件でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください




posted by フラワーライフデザイナー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーライフ研究会 商品開発/商品提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

今年お中元はちょっと趣向を凝らして

植物の持つ五感で心豊かな日本作り フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

お中元シーズンが近づいてきましたね。今年のお中元はちょっと趣向を凝らして視覚から涼しさを感じて頂けるような商材にしてみましょう。
ご自宅でも、事務所でも、店内でもちょっとしたスペースがあれば飾ることが可能ですので、気軽に飾って頂くことができる商材ともなっております。
植物内容はご注文の際に契約農場で品質が良いものを選びますので品質も安心して頂けますし、出荷直前まで生産のプロが管理していますのでその点でもご安心頂ける商品となります。

AS6015-w600.jpg
ウッドフェンス寄せ ミニ観葉植物仕様




posted by フラワーライフデザイナー at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーライフ研究会 商品開発/商品提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

日本一のお茶の産地静岡県農業協同組合と商品開発

植物をテーマに商品開発 フラワーライフデザイナーの飛田秋彦です。

フラワーライフ研究会では名の通り花のある生活をテーマに研究をしていますので、時には植物をテーマとした商品開発も手掛けています。
今回は日本一のお茶の産地である静岡県の農業協同組合さんにご協力頂き商品開発致しました。
緑茶にはテアニンという成分が含まれていて効果としては心身リラックス、集中力・能率アップがあります。
日頃仕事や勉強、家事で疲れている方はお茶を飲んで「ホッと一息」リラックス!!
ここ一番、集中力、能率を上げたい時にお茶を飲んで頑張って頂きたい。
セミナーや講演、コンサルタントなどをされている方は、緑茶に含まれているカテキン類は殺菌、消毒効果があるので、飲んで頂いたり、うがいをして頂ければ準備万端!!

今回開発の仕様は、静岡県電動製法の「深蒸し」により、よりコクと甘味まろやかとし、一番茶を使った一煎茶仕立てとし、急須がなくともいつでもどこでも気軽に飲むことが出来るようにティーパックにしましたので、ご自身で使われても営業の方など人と接することが多い方は名刺代わりに日頃の感謝の気持ちと共にお渡しされても喜ばれることでしょう。
もう一つ喜ばれるよう「メッセージ性」を強く致しましたので、営業の切り札としてもお使い頂けます。

フラワーライフ研究会緑茶ページへ

2016-05-14 17.17.29-w600.jpg

posted by フラワーライフデザイナー at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーライフ研究会 商品開発/商品提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする